2007年12月5日水曜日

選択肢の時代

選択肢の時代、、、


最近特にそう思います。
何をするときにも、様々な選択肢の中から選ぶことが出来ます。


便利な世の中

大変ありがたいことです。


しかしながら、何を失ったか?
ということを思わずにはいられません。

文明というものが遅れている地域では、
一日に一つの事をやって、おしまい。

今日はそういう日だった。
それが普通であることが多いものです。

交通機関の発達、
物流の発達、
情報媒体の発達、


受け手としてはサービス過剰ともいえますが、
一日の長さが変わったわけではありません。

生き物の充実は、受け取るものの大きさ、多さ、
そういうものではなく

受け止めた後に、内に広がるものと思っております。


選択肢の多さを生かし、
選んだ後には、内側の作業を充実させることが、
現代においては、必要となっているのではないでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

最新の投稿

四指と母指と整体と木村政彦

太平書林にて いつものように柏の古本屋「太平書林へ」。。。 通いつめると蔵書が大変なことになるので、週一日だけと我慢して通ってます。 ほとんどワゴン品しか買わないのですが、我慢しきれず店内の棚もなんとなく物色していると、木村政彦『わが柔道』がありました。 この本は高校時代に...

人気のある投稿