2010年3月27日土曜日

ハリモグラの動きから~その2

生まれたばかりの赤ん坊は歩けません。

当然ですね。

動物の中には生まれてすぐに歩き出すものもありますが、
人間においては、
寝返りもうてず、
這うこともできず、
ましてや歩くことなどできません。

しかしそんな存在だからこそ、
成長を見つめることの面白さがあります。

今回は”ハイハイ”をテーマに見つめてみます。






ムーニーマン、ハイハイ用です。


いかがでしょうか?

前回のハリモグラの動画をもう一度見てみます。


なんとなく共通点が見えてきたでしょうか?

この時期の赤ん坊は
背骨を左右に動かしながらハイハイをします。

肘の位置も特徴となります。
足腰に重心が掛かってこないうちは、
肘が外に張り出すような形となります。

これもハリモグラや、は虫類に共通しています。

そしてハイハイも終わりの時期が近づくにつれ、
肘が後ろにおさまってきます。
重心が足腰に掛かるようになってくるのです。



ほとんどの哺乳類はそんなふうに肘頭が後ろに向いております。

しかし
人間の大人であってもくたびれてくると、肘が外に張りだしてきます。


逆に頑張ろうとして、肘を内に捻るようにしている人もおります。

犬でも犬種による違いもあるでしょうが、
老いて肘が外に張ってきているのがおります。
これも大分くたびれてきたんだな、と感じるわけです。

肘だけでも表情があり、
人間だけでなく動物全般を見渡してみても面白いものです。

余談ですが先日「大哺乳類展」に行ってきました。
ハリモグラの骨格標本の前で、

「赤ん坊がハイハイしてるみたい・・・」
といっている人がおりました。

ホントにその通りです。
なんとなく分かるんですね。


人間の成長に悠久の時を感じるしだいです。


▼ハイハイ 参考サイト

ずりばい YouTube - ずりばい

はじめてのハイハイ YouTube - はじめてのハイハイ

ハイハイ
 YouTube - ハイハイ

おすわり 赤ちゃん
 YouTube - おすわり 赤ちゃん
高速ハイハイ
 YouTube - 高速ハイハイ

はじめてのたっち
 YouTube - はじめてのたっち

はじめてのあんよ
 YouTube - はじめてのあんよ

みんなYouTube動画です。
こんなキーワードで検索すると沢山出てきます。
赤ちゃんの成長度合いを読んでみるのも面白いと思います。

2010年3月24日水曜日

ハリモグラの動きから~その1

(C)Roepers

ハリモグラ(エチヅナ)、オーストラリアとその周辺に生息。
一応哺乳類、念のため。

仲間はカモノハシ、一般に単孔類と呼ばれ2種しかおりません。


一応整体ブログですが、
個人的に動物について考え、
人間というものを見つめ直すのが好きです。

好みでない方もいらっしゃるでしょうが、
お付き合いください。


さてハリモグラ
哺乳類ですが、卵を産みます。
母乳で育てますが、乳首はありません。
乳腺からしみ出る乳汁で育てます。

尿道、肛門、生殖孔は分かれておらず、
総排泄腔という一つの穴ですべてをまかないます。
そのため単孔類と呼ばれることもあります。

こんなふうに哺乳類の特徴が少し中途半端なため、原始的な哺乳類とされております。

ここで動画を見てみましょう。


いかがでしょうか?

”よっこらよっこら”歩く姿が愛らしく、憎めない印象をあたえます。
犬や猫など同じ四つ足で歩く動物とは
何かが違うという印象を受けます。
なぜでしょうか?


脊椎動物の歴史をさかのぼると、
魚の時代は背骨を左右に波打つことで推進します。
陸に上がり、は虫類の時代も背骨の運動は主に左右です。

これが哺乳類になると、前後や上下の方向が加味されていきます。
ところがこのハリモグラはそういった動きを持たないのです。


それでは、は虫類を代表してオオトカゲに登場してもらいましょう。


いかがでしょうか?


体を左右に動かしているのがよく分かります。



生命の歴史には
「運動」
というソフトウェアが積み重ねられているのが
お分かりいただけるかと思います。

続く。。。

▼参考
ハリモグラ - Wikipedia

Echidna - Wikipedia, the free encyclopedia

ハリモグラ - 哺乳類(哺乳綱) - Yahoo!きっず図鑑

川崎悟司イラスト集・ハリモグラ


お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

最新の投稿

四指と母指と整体と木村政彦

太平書林にて いつものように柏の古本屋「太平書林へ」。。。 通いつめると蔵書が大変なことになるので、週一日だけと我慢して通ってます。 ほとんどワゴン品しか買わないのですが、我慢しきれず店内の棚もなんとなく物色していると、木村政彦『わが柔道』がありました。 この本は高校時代に...

人気のある投稿