2008年1月29日火曜日

末端から中心を変える

整体の考え方のひとつに中心から末端を変える、というのがあります。


世間的に一番知られているのは、足裏マッサージや足湯です。
ちょっとやり方が違いますが、整体の中にも似たものがあります。
(詳しくはいずれの機会に譲ります)


末端の刺激が中心に伝わることで中心が変わる、というのは非常に面白い考え方だと思います。


通常、トレーニングと言われるものは、
腕を鍛えたら腕が変わる、
指を鍛えたら指が変わる、


そう考えます。
それでも足湯などが流行るわけですから、末端の刺激が中心を変える、と何となく受け入れているのだと思います。


それでは、末端に負担が掛かると中心に負担が掛かるでしょうか?
答えはイエスです。


指先の労働が思いのほか疲れるのはそのためです。
やはり体は全部繋がっているのです。


末端に出てきた症状は古い、というのがあります。
中心の負担が末端に及ぶまで時間が掛かる面があります。


指先の小さなシビレには歴史を感じます。
足の親指だけが冷える、ということもあります。


大きな症状に至らなければ、問題はない、というのもひとつの考えですし、
その通りのことは多いのですが、


整体指導者は小さな問題に、時に大きな問題を感じます。
誰もが体を強くしていくことを大切にしてほしいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

最新の投稿

四指と母指と整体と木村政彦

太平書林にて いつものように柏の古本屋「太平書林へ」。。。 通いつめると蔵書が大変なことになるので、週一日だけと我慢して通ってます。 ほとんどワゴン品しか買わないのですが、我慢しきれず店内の棚もなんとなく物色していると、木村政彦『わが柔道』がありました。 この本は高校時代に...

人気のある投稿