2012年8月20日月曜日

暑さひとしお 肋間神経痛

暑い日が続いております。
お盆前に「あれ?」
と思うほどの過ごしやすい日があったせいで、

夏も下り坂かな?
そろそろヒグラシが心地よく聞こえる頃かな?

などと期待に心ときめかせましたが
それは儚い片思いだったようで、
しっかり暑い夏が戻って参りました。

一体いつからこんなに暑くなったのか?
と記憶を辿れば、
十数年かな?
と思うのですが如何でしょう?

はっきりしない記憶ですが、
少なくとも30年前、
子供の頃に30度を超える日はそんなになかったはずです。

暑さという“快”も過ぎれば“不快”となります。
身も心も開放的になれるはずの“夏”ですが、
暑さに身も心も固まることがあります。

風呂に入るとよく分かりますが、
熱すぎれば力が入ります。

外気温も暑すぎれば、
身を守るために力がはいるのです。
それが元に戻らないと諸々の症状を引き起こします。

むくんだり、動悸がしたり、肩が痛くなったり、
肋間神経痛なんていうのもよくあります。
暑くて肋骨が硬直してくるのです。

整体体操を体で覚えている人は、
腕を使って肋骨を緩めていくのが一番簡単な方法です。
そのあとで蒸しタオルを併用すれば、尚効果的です。
体操を知らなくても、蒸しタオルである程度緩んできます。


まだ当分暑さが続きそうですが、
みなさま、ご自愛下さいませ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

最新の投稿

人生という旅を生きる 串田孫一に寄せて

旅は歩くことではなくなってしまった。 自分を運ばせることになってしまった。 串田孫一『菫色の時間』 かつての旅はそうであったのだろう。 しかし現代ではその片鱗を想うのさえ難しい。 哲学者で随筆家で山歩きの人だった串田孫一(1915-2005)は、山と旅についてしばしば反省し、移ろ...

人気のある投稿