2007年10月25日木曜日

鼻水と乾燥

乾燥した日が多くなって来ました。

鼻水をたらしそうになっている方も多いのではないでしょうか?


JUGEMテーマ:整体子育て


ええぃ!この!と恨めしく思いながら、鼻をかむ人すする人。

はたまた薬を飲んで止める人。



いろいろな方がいるでしょう。

今日は鼻水について少し考えてみます。



基本的に西洋人は鼻が高いのですが、人類の歴史の中でいつから、そういった傾向がでてきたのかご存知でしょうか?

実は私も細かいことは知りません。



が、一説によると(わりと定説と思いますが)気温の低い、乾燥した環境で生活するようになってから、冷たい空気を肺に送らないために、鼻の中で暖める必要があった、ということです。

効率よく暖めるために、鼻の中を広くとる必要がでてきたわけです。

広い室内なら、多少の冷気も早く緩和されるのと一緒です。



では鼻水は?

そうです。乾燥した空気を肺に送らないようにするためです。お肌の潤いも大切ですが、肺にも一定の潤いが必要なのです。水っぱなで湿気を送ります。すると、ふと楽になります。



湿気がつらい季節もあり、湿気が必要になる季節もある。

四季がありますので、そこについていける体力、許容量が必要といえます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

最新の投稿

ゴーギャン『ノアノア』 木村伊量『私たちはどこから来たのか 私たちは何者か 私たちはどこへ行くのか 〜三酔人文明究極問答』

『ノアノア』ゴーギャン 私は蘇った。或いは私の裡に純な力強い人間が生まれて来たと云う方が好いかもしれない。この力強い打撃は、文明並びに悪への最上の訣別の辞としてふさわしいものだった。 ゴーギャン『ノアノア』岩波文庫 木村伊量『私たちはどこから来たのか 私たちは何者か 私...

人気のある投稿