2011年7月25日月曜日

意味のない遊び:ほっぺグルグル

娘ともそうですが、姪たちとも意味のない遊びを私は仕掛けます。


姪たちのホッペをゼンマイを巻くようにグルグルとやります。
痛くもかゆくもないですが、
「うぎゃ~」と逃げ出します。


ほお骨のあたりに、しっかり肉がついているのは体力の象徴、ということもあり、そこに感受性を向けている、という意味も多少あります。

「ほっぺグルグルだぞ~」
「うぎゃ~~~~」

まんまと逃げてくれます。なにしろ逃げてくれないとこの遊びは成立しません。

追いかけるのをやめて座っていると、
両手でほっぺを隠した姪たちがやってきます。
おかしな光景です。
なんだかニヤニヤドキドキしているので、

「ほっぺ出せ~~」
「うぎゃ~~~」



ふだん娘と意味のない遊びばかりしているので、娘はルールのある遊びをあまり知りません。
そのせいか幼稚園で担任の先生に
「理解が他の子より遅いことがある」

と言われてしまいました。
それは私のせいでしょう。

悪いな、と思いながらも改めることなく、やっております。

0 件のコメント:

コメントを投稿

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

最新の投稿

ゴーギャン『ノアノア』 木村伊量『私たちはどこから来たのか 私たちは何者か 私たちはどこへ行くのか 〜三酔人文明究極問答』

『ノアノア』ゴーギャン 私は蘇った。或いは私の裡に純な力強い人間が生まれて来たと云う方が好いかもしれない。この力強い打撃は、文明並びに悪への最上の訣別の辞としてふさわしいものだった。 ゴーギャン『ノアノア』岩波文庫 木村伊量『私たちはどこから来たのか 私たちは何者か 私...

人気のある投稿